仮想通貨を保管するウォレット

仮想通貨を保管するウォレット
全財産を財布に入れて持ち歩いている人はめったにいませんよね。
通常は銀行口座などに大部分を保管し、当面必要なお金、直近で運用する予定の額面だけ手元に置くもの。
新しい「お金」である仮想通貨は実態のない通貨です。
保管方法からして一般の通貨とは異なります。

仮想通貨はすべて「ウォレット」に保管されます。
ウォレットにはいくつか種類があるので、それぞれのメリット・デメリットと合わせて見ていきましょう。

「ウォレット」の種類と形態について

「ウォレット」の種類と形態の紹介をしています
ウォレットは日本語で「電子財布」と呼ばれています。
インターネットに接続しているタイプのウォレットを「ホットウォレット」
インターネットから独立しているタイプのウォレットを「コールドウォレット」と言います。
ホットウォレットはインターネット上に保存されていて、利用者は端末を通じてそこにアクセスし、入金や送金を行います。
アプリを利用すれば携帯端末からでも利用できるので、外回りが多い方などには使いやすい形と言えそうです。

次にコールドウォレットですが、コールドウォレットのなかにもいくつかの形態があります。
取引所に保管するタイプと、ハードディスクやUSB端末などに記録して手元に保管するタイプです。
インターネットから離れたメディアに書き込んで保管するため、ハッキングなどで仮想通貨が盗まれるリスクを回避できます。
ただし、物理的な盗難などの恐れは否定できません。
また、誤って廃棄したり、紛失したり、メディアそのものが故障したりといった可能性もあるため、ホットウォレットとコールドウォレットはそれぞれ一長一短だと考えられています。

ウォレットはどうやって作るのか

ウォレットはどうやって作るのかの紹介をしています
取引所でアカウントを登録し、口座を開設した時点で個人のウォレットが作成されます。
ウォレットは銀行口座と財布を兼ね合わせたような存在です。
その場で決済(支払い)に使用できるほか、ウォレットから海外送金、コイン取引、投資なども自由に行えるのです。
ただし、複数の取引所に登録した場合には取引所ごとにウォレットができるので、どの取引所にどれだけ仮想通貨があるのか、取引所ごとにどの仮想通貨が高くなっているのかなど、ウォレットそれぞれと保有総額の管理には気を付けていただきたいと思います。

仮想通貨の価値は「時価」です。取引所によって価値が変動するタイミングが違うこともあるので、差額で利益を得られる可能性もあります。
仮想通貨を運用する方は、まずはこまめに仮想通貨市場の動向をチェックするようにしてください。

Posted by wpmaster