仮想通貨取引所

仮想通貨取引所
仮想通貨取引を始めたい!と考えた時、最初のステップが仮想通貨取引所を選ぶことです。
法定通貨は中央銀行が発行していますが、仮想通貨は発行者が発行手続きを行って初めて作られるため、管理者・発行者が不在の通貨として世の中に出回っています。

これから仮想通貨を利用したい。取引所に登録したいと考えている初心者の皆さんは、仮想通貨取引所はインターネット上で誰もが自分で資産をやり取りできる「取引の場」だと考えてください。
取引所にアカウントを登録してウォレットを持たなければ、仮想通貨の取引はおろか仮想通貨を持つこともできません。

日本で利用できる取引所

日本で利用できる取引所の紹介をしています
日本で利用できる仮想通貨取引所はbitFlyer(ビットフライヤー)、QUOINEX(コインエクスチェンジ)、BITPoint(ビットポイント)、Bitbank(ビットバンク)、GMOコイン、DMM Bitcoin(ディーエムエムビットコイン)、Bit Trade(ビットトレード)、FISCO(フィスコ)、Zaif(ザイフ)などがあります。
取引手数料や仮想通貨の価格、取り扱いのある仮想通貨の種類、数が取引所によって異なるので、複数の取引所にウォレットを作って随時取引していくという使い方が主流です。
円の取り扱いがある取引所は数が限られているので、まずは全取引所それぞれの特徴をリサーチするようにしてください。

仮想通貨取引所では仮想通貨による送金、決済、取引を行えます。外貨とのやり取りも可能なので、円から仮想通貨へ、仮想通貨から外貨へという両替にもメリットがあります。
一般の両替所を経由しないため、いつでも、どこでも必要に応じて両替できるところに魅力を感じる方も多いようです。

日本国内で最も大きなシェアを持っている取引所は?

日本国内で最も大きなシェアを持っている取引所の紹介をしています
日本国内で最も大きなシェアを持つ仮想通貨取引所は「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。ユーザー数、国内流通量、資本金で他の追随を許さない存在になっています。
株主にはメガバンクや日本ブロックチェーン協会理事が名を連ね、セキュリティ技術は大手金融機関の暗号化通信を採用して最高レベルを実現しました。

より気軽に仮想通貨取引を始められるようにサービスも充実しており、ネットショッピングで仮想通貨を積み立てられるなど、初心者にも参入しやすい条件を整えているところもユーザーを引き付けるポイントでしょう。
ただし、ユーザー数や取引量の多さが災いしてサーバーダウンが起こるケースがあり、そのうえスプレッドが大きいので、取引にタイムラグを作りたくない方、手数料などのコストを抑えたい方は別の取引所の方が適しているかもしれませんね。
使いやすさやセキュリティ、信頼性に関してはビットフライヤーが随一。しかし、使い方次第では他の取引所の方がメリットが大きくなる可能性があると覚えておいてください。

Posted by wpmaster