Zcashマイニングを始めるならASICとGPU、どちらを選ぶべき?

Zcashマイニングを始めるならASICとGPU、どちらを選ぶべき?
これからZcashマイニングを始めようとした時、ASICとGPU、どちらを選んだ方が良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。
そもそも、ASICとGPUにはどのような違いがあるのでしょうか?
今回は、Zcashマイニングを始める前に知っておきたい、ASICとGPUの違いについてご紹介しましょう。

ASICとは?

ASICとは?
ASICとは、Application Specific Integrated Circuitの略称で、特定用途向けのIC(半導体集積回路)という意味を持っています。
特定用途向けなので実はマイニング以外にも活用されており、例えばルーターやコピー複合機などにも用いられています。
現在、Zcashマイニングで使われているASICは、Zcash向けに作られたASICということになるのです。

GPUとは?

GPUとは?
GPUとは、Graphics Processing Unitの略称で、グラフィック処理ユニットを意味します。
グラフィック(画像)処理を得意としていますが、整数演算から暗号解読まで幅広い活用が可能です。
マイニングは基本的に計算処理を行って暗号を解読していく作業になります。
GPUはパソコンやサーバーの中で画像描写に欠かせない計算処理を行うために作られましたが、その計算能力の高さからZcashマイニングでも活用されるようになりました。

Zcashマイニングを行う上でのメリット・デメリット

Zcashマイニングを行う上でのメリット・デメリット
ASICとGPUにはそれぞれ特徴があり、マイニングを行う上でも違いが出てきます。
どのような違いがあるのか比較してみましょう。

・ASICのメリット・デメリット
ASICは特定用途向けということもあり、1つの機能に特化しているという特徴を持っています。
そのため、Zcashマイニングを行う際にもハッシュレートが高く、効率的に利益を生み出すことが可能です。
また、中には消費電力量を抑えつつ高ハッシュレートを生み出す製品も開発されているので、ランニングコストを抑えたいという方にも向いています。
ただしASICは初期投資にコストがかかることや、1つの銘柄しか掘れないなどのデメリットがあります。
Zcashマイニングだけを行うのであれば問題ありませんが、その他の銘柄でもマイニングを検討されている場合にはあまりおすすめできません。

・GPUのメリット・デメリット
GPUのメリットは初期投資にかかるコストが少ないことや、マイニングアルゴリズムの柔軟性を持っていることで、Zcashを含めた様々な銘柄のマイニングが行えます。
柔軟性が高いことで不要になった時に売却しようとすると、ASICより高値で売れる可能性もあるのです。
逆に、デメリットとしてASICに比べると消費電力あたりのハッシュレートが低く、効率性で劣ってしまいます。
また、マイニングソフトを用意する必要があるので、その分手間がかかってしまうでしょう。

ASICとGPUにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。
Zcashマイニングを行うなら、ASICとGPUの特徴を把握し自分に合うものを選ぶと良いでしょう。