マイニングで得たジーキャッシュはどこで保管すべき?

マイニングで得たジーキャッシュはどこで保管すべき?
仮想通貨に馴染みがない場合、マイニングなどは難しそうだと感じる方が多いと思いますが、特別な機材がなくても実は簡単に行えます。
中でも近年注目を集めているのがジーキャッシュです。
今回は、そんなマイニングで得たジーキャッシュの保管場所についてご紹介していきましょう。

ジーキャッシュのマイニングについて

ジーキャッシュのマイニングについて
ジーキャッシュは他の仮想通貨に比べて匿名性の高い仮想通貨として開発されました。
ゼロ知識証明を利用していて、ブロックチェーン上のすべてのトランザクションが隠された状態になっているため、不正や盗難も起こりにくく、安全性の高い取引が可能となります。
このような点から、プライバシー保護やセキュリティを確保できる仮想通貨として注目されています。
ジーキャッシュなど多くの仮想通貨は、ブロックチェーンという分散型の取引台帳で取引内容などを記録していますが、その管理の過程で一定の安全性を確保するために計算します。
その計算の正確さと早さが揃った場合にはマイニング成功となり、報酬として仮想通貨を手に入れることができます。
ブロックチェーンを支えるために計算して、その計算が正確で早いと報酬に繋がることとなり、できるだけ早い計算能力が必要になってきます。

ジーキャッシュはどこで保管する?

ジーキャッシュはどこで保管する?
マイニングで得たジーキャッシュは、ウォレットに入れて保管することをおすすめします。
仮想通貨はハッキングなどの被害に遭ってしまう可能性もあるので、ハードウェアウォレットなどに保管していくと、さらに安全性を高めることができます。
クラウドを利用して保管する方法もありますが、インターネット上に仮想通貨を置きっぱなしにしている状態になってしまい、例えば不正アクセスなどが起きてしまうとジーキャッシュが流出してしまう可能性も考えられます。
ハードウェアウォレットなら仮想通貨を単体で保管することができ、さらにネットワークから切断されたオフラインの状態なので、セキュリティレベルも高まります。
この通貨に限らず、仮想通貨はハードウェアウォレットなどで保管しておき、使用するものだけを移すという方法を取るようにしましょう。

マイニングで得たジーキャッシュを取引所などインターネット上にそのまま保管すると、使い勝手は良いものの万が一の場合に紛失するリスクが高まってしまいます。
せっかくマイニングで得たジーキャッシュを守るためにも、ハードウェアウォレットなどを活用するようにしましょう。