ネムのハーベストはマイニングと何が違う?

ネムのハーベストはマイニングと何が違う?
ネムは2014年からスタートした仮想通貨で、基軸としてゼム(XEM)が使用されています。
独自のブロックチェーン技術であるハーベストを用いて、様々な機能に活用しようとしている仮想通貨です。
このハーベストという技術はネムにとってマイニング的なものと言われているのですが、通常のマイニングとはどのような違いが見られるのでしょうか?
今回は、ネムのハーベストとマイニングの違いについてご紹介していきましょう。

ネムのハーベストとマイニングの違い

ネムのハーベストとマイニングの違い
ネムは、独自のブロックチェーン承認過程システムを使用しています。
このシステムはハーベストと呼ばれ、収穫という意味を持ちます。
仮想通貨のマイニングでは、Proof of Workと呼ばれるブロックチェーン上の計算を素早く行った人に対して報酬が支払われるという仕組みが用いられていますが、ハーベストはネムのブロックチェーン上で行われた取引を承認する作業となり、1分間に1回の割合で行われ、ハーベストしたら報酬が得られる仕組みとなっています。
このようなことならマイニングと同じではないか?と感じる方も多いでしょう。
ですが、根本的にハーベストとマイニングは異なっています。
先程マイニングについては、ブロックチェーン上の計算を素早く行った人に対して報酬が支払われるという仕組みと説明しました。
そして、そのマイニングにためにはスペックの高いコンピューターや資金も必要となってきます。
一方のハーベストはProof of Importanceが用いられ、それぞれの重要度によって確立が変わってきます。
そのため、マイニングのようにスペックの高いコンピューターがなくても、一定条件さえ満たしていれば、全員ランダムに報酬を得ることができるのです。
なので、ある程度の資金さえあれば気軽にハーベストが行えるということになります。

ハーベストの方法とは

ハーベストの方法とは
ネムのハーベストは最初にお金を10,000XEM以上XEMに変えておき、Nano WalletでXEMが保有できるようにウォレットを準備しておきます。
また、参加するためには有効なネムを10,000XEM以上用意しなければならないのですが、既得バランスの計算を事前に行っておくと良いでしょう。
既得バランスが10,000XEM以上になったら、ハーベストの設定が可能になり、ハーベストの状況が有効になっていたら自動で行われるのを待つだけなので、難しい操作は必要ありません。

ネムのハーベストはマイニングとは異なっていて、事前の準備をしておくだけで難しい操作は必要なく、初心者でも気軽にチャレンジできます。
ハーベストが有効になっているだけで、放置していても稼ぐことができるのでぜひ始めてみてはいかがでしょうか?