ZcashのアルゴリズムにASIC耐性をつけないとどうなるのか?

ZcashのアルゴリズムにASIC耐性をつけないとどうなるのか?
匿名性の高い仮想通貨として知られるZcashは、次期のアップデートの際にASIC耐性アルゴリズムが実装されないのではないかという見方が強まっています。
Zcashの団体内で行われた意思決定では、新たなプルーフオブワーク導入が示唆されたのです。
これは一体どういうことなのでしょうか?

そもそもASIC耐性とは?

そもそもASIC耐性とは?
ASICは特定用途のための集積回路であり、マイニングの演算のために開発されたものです。
マイニングはZcashなどの仮想通貨の取引処理を行いますが、報酬を受け取るためには演算を解く必要があります。
演算を解くためには、計算能力の高いコンピューターが必須です。
しかし、一般的なコンピューターには演算の計算以外の機能も豊富なため、効率が悪くなってしまうと言われています。
ASICは、そんなマイニングを効率良く行うために重要な役割を担います。
ASIC耐性は、ASICを作成しても意味がない状態のことを言い、ASICで演算を解き、Zcashや仮想通貨の取引処理を行いにくくなることを言うのです。
マイニング演算を複雑なものにすればするほど、ASIC耐性がついた仮想通貨は個人の持つコンピューターではマイニングできなくなるのです。

ZcashのアルゴリズムにASIC耐性がつかない場合

ZcashのアルゴリズムにASIC耐性がつかない場合
仮想通貨業界では、ASICマイナーはブロックチェーンを安全なものにしている一方で、大規模なマイニングにより中央集権化を生み出しています。
ZcashにASIC耐性がつかなくなってしまった場合、初期投資を行える一部のASICマイナーしかマイニングできなくなってしまうでしょう。
ただ、Zcashの団体はGPUマイニング機能が有利になるようなハードウェア使用については反対しない意向を示していることが分かっています。
そのため、新たなプルーフオブワークのアルゴリズムを導入し、ハードフォークを行うことが予想されます。
ASIC耐性はない状態には変わりはありませんが、他のアルゴリズムに採用されないシステムでもあるので、Zcashのマイニングが今後さらに注目されると言えるでしょう。

ASIC耐性と、ZcashにASIC耐性がつかなくなった場合などをご紹介してきましたがいかがでしたか?
Zcashは、匿名性が高いため、マイニングも成功しやすく、定期的にコインが入るなどのメリットがあるため注目を集めている銘柄でもあります。
新たなアルゴリズムが実装されれば、ASIC耐性が付いていなくても注目され、さらにマイニングを視野に入れる方が増えていくことでしょう。
コツコツとマイニングで稼ぎたいという方は、Zcashを検討してみてはいかがでしょうか?