BTCマイニングで赤字に…!簡単にできる対処法とは?

BTCマイニングで赤字に…!簡単にできる対処法とは?
自宅でBTCマイニングを行っている方もいらっしゃるかと思いますが、ソロマイニングは機材や電気代、メンテナンス費用など、何かとコストが掛かりがちです。
また、BTCマイニングは採掘の難しさも上がっており、なかなか報酬が得られず赤字になってしまっているという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、BTCマイニングで赤字にならないための対処法についてご紹介していきます。

BTCマイニングで得られる利益とコスト

BTCマイニングで得られる利益とコスト
BTCマイニングを自宅で行っている場合、環境などによっても異なりますが、1日あたり0.0000027BTC(2円)前後の利益を出すことも可能です。
さらにマイニングマシンを使ったり、環境強化したりすることで利益はさらに上がっていくことでしょう。
1日2円の利益が出る場合、1ヶ月(30日)で60円の利益、1年(12ヶ月)で720円分のBTCを得ることができます。
一見あまり利益が出ないように感じられるかもしれませんが、今後BTCの価値がどんどん上がっていけば最終的に得られる利益は何倍にもなり得ると言えるでしょう。
ただし、何もコストをかけずに利益が得られるというわけではありません。
マイニングではコストをかけないと利益が出せないケースも多いです。
例えば電気代1つ取っても、1ヶ月の電気代(マイニングのみ)が100円だったとすると赤字になってしまうことが分かります。
BTCマイニングを行う場合、どれくらい継続すると初期費用にかかった分を巻き返し、利益を得られるようになるのか把握しておく必要があります。

赤字にならないための対処法

赤字にならないための対処法
赤字にならないために行うべき方法としては、まず自宅で行う場合、GPUの消費電力を設定することが大切です。
GPUの消費電力を抑えるようにしておくと電気代の削減にもつながりますし、消費電力が抑えられているからと言ってハッシュレートが大きく下がってしまうということもありません。
また、24時間365日稼働していればその分電気代もかかってきてしまうので、電気料金が昼間に比べて安くなる深夜だけ行うという方法もあります。
いずれも簡単な方法なので、ぜひ取り入れてみてください。
それでも赤字を招いてしまうという場合は、ソロではなくマイニングプールやクラウドマイニングの活用がおすすめです。
特にクラウドマイニングは完全にBTCマイニングを代行してもらえるので、電気代の心配をする必要がなくなります。
ソロだとどうしても赤字になってしまうという場合は、マイニングプールやクラウドマイニングを活用してみましょう。

BTCマイニングは自宅で行ったとしても赤字になりやすいですが、マイニングプールやクラウドマイニングを活用すれば赤字にならない可能性も高まります。
利益とコストのバランスを考え、赤字にならないようにどうすべきか検討してみましょう。