BTCのマイニング収益が2018年で低下している?その原因とは

BTCのマイニング収益が2018年で低下している?その原因とは
世界中で注目されている仮想通貨ですが、特にマイニングに関する情報が飛び交うことも増えています。
そんな中で、BTCのマイニング収益が2017年と比較して収益性が低下しているというのです。
BTCマイニング自体の売上は増加しているにも関わらず、収益性が低下しているというのはどういうことなのでしょうか?
今回はその原因についてご紹介していきます。

BTCのマイニング収益が低下している原因

BTCのマイニング収益が低下している原因
先程もご紹介したように、なぜかBTCはマイニング全体の中でも売上が増加しているのに、収益性が低下しているという事実があります。
仮想通貨分析企業であるDiarの調査によると、2018年のBTCがマイニング全体に対して2017年の売上を既に超えており、2017年度に比べて約1500億円以上も上回ることが予想されています。
それなのに収益性が下がってしまっているのには原因が隠されているのです。
考えられる原因としては、ハッシュレートの増加により機材・電力コストが大幅にかかるようになってしまったことが挙げられます。
BTCマイニングでハッシュレートが上がれば上がる程、報酬を得るためには高速で計算処理を行うためのPCやマイニング専用マシンが必要となってしまいます。
現在そのハッシュレートが留まることを知らず、上限が感じられないほどにハッシュレートが上昇しているため、マイナーもそれに対応すべくコストをかけなくてはならない状況となっているのです。
また、機材を増やしたり、より高性能なものを用意したりする必要があると、その分の電力コストも増加します。
そういった部分からBTCマイニングの収益性が低下していると考えられます。

ソロでのBTCマイニングで報酬を得るのはかなり難しい

ソロでのBTCマイニングで報酬を得るのはかなり難しい
以前まではソロでBTCマイニングを実施している人も多く見られましたが、現在ではそのほとんどが企業によるものとなっています。
これは、ソロだとどうしてもハッシュレート上昇に追いつかず、報酬がいつまで経っても得られなくなってしまうためです。
しかし、現在はマイニングプールやマイニングファームなどといったサービスもあるため、無理やりソロでBTCマイニングを行わなくても効率的に報酬を得られるシステムができています。

現在はようやくハッシュレート上昇の勢いも少しずつ和らいできていますが、だからといって大きく下がっているというわけでもありません。
ソロでBTCマイニングを行うのはかなりハードルが高いですが、マイニングプールやマイニングファームを活用すればBTCを取引以外で受け取ることも可能でしょう。
BTCマイニングに興味がある方は、マイニングプールやマイニングファームにも注目してみてください。