初心者が知っておくべきBTCマイニングの役割とは

初心者が知っておくべきBTCマイニングの役割とは
BTCのマイニングは、送金データをまとめたブロックを、ブロックチェーンに追加していくための作業を行うことを言います。
マイニングは直訳すると「採掘」という意味を持ちますが、BTCにおけるマイニングにはどのような役割があるのでしょうか?

BTCマイニングが持つ役割

BTCマイニングが持つ役割
マイニングは、送金記録・新規発行・不正排除のそれぞれの役割を担っています。
BTCのマイニングを行うと、送金データ(トランザクション)を10分ごとにブロックチェーンに追加していくことになりますが、ユーザーの送金・決済についてはブロックチェーンに記録されることになります。
そもそもBTCは発行上限枚数が21000BTCとされており、上限に達するまでは10分ごとに発行され続けるのが特徴です。
つまり、ブロックが追加される度に新規のBTCが発行されることになり、発行されたBTCはマイニングの報酬としてマイナーに配分されます。
マイニングではマイナーが報酬を手にするために他のマイナーと計算の競争を行い、最も早く解法にたどり着いた方に新規発行分が与えられるのです。
その際には、計算量がブロックチェーン参会者として正しいことの証明にもなるため、不正を排除するためにも大きく役立ちます。

安全性を保つためにも役立つ

安全性を保つためにも役立つ
ブロックチェーンという根幹のネットワークを保っているからこそ、BTCは最新の送金データがその都度集められていきます。
BTCのマイニングを行うと、膨大な計算量によって不正を排除することができると述べました。
このような仕組みを「プルーフオブワーク」と呼びます。
不正をしようとすると、常に計算の競争で1番になり続ける必要があります。
マイナーが高い計算力を得てブロックを追加する際に不正行為がされることになれば、ユーザーによってBTCの安全性が懸念され、価値が下がることになるのです。
BTCの価値が下がると、結果的に不正を試みたユーザーのBTCの価値も下がることになります。
つまり、不正をするメリットがないということになるのです。
BTCでは、こうした仕組みによって安全にマイニングができるという特徴があるのです。

マイニングの基本は、まずその役割を理解するということではないでしょうか?
送金記録・新規発行・不正排除というBTCのマイニングの役割を理解しておくことで、その後の取引やマイナーとしての進め方にも役立ちます。
BTCのマイニングを始めようと考えている方は特に、マイニングの役割を知った上で新たなマイニング情報を得ていくようにしましょう。