高速決済可能な仮想通貨Nano(ナノ)の特徴とは?

高速決済可能な仮想通貨Nano(ナノ)の特徴とは?
仮想通貨Nanoは、高速決済可能で先駆的な仮想通貨として注目されています。
高速決済が実現しているのは、「DAG」と呼ばれる技術を採用しているという特徴を持っているからです。
そこで今回は、最近話題の仮想通貨Nanoについてご紹介しましょう。

ライブロックスからのリブランディング

ライブロックスからのリブランディング
Nanoは、仮想通貨RaiBlocks(ライブロックス)からリブランディングされたことで名称変更した銘柄です。
ブロックチェーン技術を採用している仮想通貨が多い中で、Nanoは「DAG」と呼ばれる技術によって送金手数料無料、また1秒間で7000以上の処理が可能となっています。
取引量が多くなればなるほど速度は遅くなってしまいがちですが、そういったスケーラビリティ問題も起きることがない仮想通貨なのです。
DAGは「有効非巡回グラフ」と呼ばれており、ブロックチェーンのブロックが生成されることなく、自分の取引を自ら承認する「DAG型」という仕組みになっています。
ブロックチェーンのブロックは、最初に生成されるブロックから順に番号が振られ、ブロックは前のブロックのハッシュ値を含まれていることになります。
つまり、早く生成されたブロックの情報を含んだブロックが次々に生成されることで、結果的に1つの鎖のようなシステムになっているのです。
DAGは食前と直後のブロックはもちろん、他のブロックと同じようにつないでいくことで情報を形成していきます。
このDAG構造によって、Nanoは高速決済を実現しているのです。

DAGは歴史が浅い?

DAGは歴史が浅い?
上記を踏まえると、数多くの仮想通貨が採用しているブロックチェーン技術よりもDAGの方がより優位性を感じることでしょう。
しかし、DAGにはいくつかの課題もあります。
例えば、取引記録が膨大になることで容量がブロックチェーン以上に多くなり、ウォレット自体の利用が難しくなってしまうことです。
ただ、ライトウォレットの開発も進められているため、今後対策される可能性も高いでしょう。
また、そもそもDAGは利用実績が少なく、DAG系通貨も開発されたばかりです。
今後もまだまだ研究されていく分野の1つとされているため、機能性についても注目されていくに違いありません。

今回は、イーサリアムに並ぶとされる仮想通貨Nanoについて紹介してきました。
ブロックチェーン技術ではなく、DAGを採用することによって実現された高速決済や送金手数料無料は、仮想通貨市場でその有用性も注目されています。
今後、Nanoはイーサリアムに並ぶ仮想通貨としてさらに上昇していく可能性もあるでしょう。