【初めての仮想通貨】「ノード」って何?特徴を分かりやすくご紹介

ノードって何?
ノードという言葉を最近よく聞く方も多いのではないでしょうか?
このビットコインなどの仮想通貨においてノードと言われた場合、いったい何を指しているのでしょう。
今回はノードについて詳しくご紹介していきます。

ノードとは?

ノードとは?
ノードとは、そのままの意味では「結び目」のことを言い、ネットワークにおいてのノードは分岐点や中継点のことを指します。
これでビットコインのノードと言われた場合は、仮想通貨ネットワークに接続している端末のことを言い、これらのノードにはそれぞれの役割が決められています。
ビットコインの一般的なノードは、仮想通貨ネットワークに接続している端末のことであり、これがビットコインのノードとなった場合は、ビットコインのネットワークに接続している端末のことを言います。
ここにはパソコンやスマートフォンも含まれ、この取引記録は全て記録され、ノード間で共有されることになります。
ビットコインのノードが持つ役割は4個あり、ウォレット、マイニング、フルブロックチェーンデータベース、ネットワークルーティングに分類されます。
ウォレットは仮想通貨の財布の役割があり、マイニングはブロックチェーンに記録を書き込む役割、フルブロックチェーンデータベースは全てのブロックチェーンの記録を保管する役割、ネットワークルーティングはネットワークにつながる役割となります。

他のノードはどんなものがある?

他のノードはどんなものがある?
他にも代表的なノードについてご紹介します。

フルノード
ウォレット、ルーティング、フルブロックチェーンデータベースの機能があるノードをフルノードといい、全ての取引記録をダウンロードしてデータの正当性があるかを確認できる役割があり、フルノード自身で検証することができるため、高いセキュリティを保つことができます。

SPVノード
SPVノードは軽量ノードとも呼ばれていて、ウォレットとルーティングのみの機能となります。
全てのデータをダウンロードすることなく、トランザクションの検証をすることができます。
フルノードと比較しても、セキュリティの甘さがあるのではないかと思われますが、不正な取引に関してはフルノードで検証することができます。

ノードは、仮想通貨のネットワークに接続している端末のことであり、様々なノードがあることがわかりました。
他にも専用のノードがいくつかあり、それによって内容も若干の違いがあります。
自分で選ぶことはなく、仮想通貨の取引所では向こうから自動的にノードを選択してくれます。